羽幌町

撮影記

今回の撮影は羽幌町。沿岸バスの本社ターミナルを降りたときは、雨が激しく降っており、今日は温泉に入って帰ろうかと思った。せっかくなので港だけでも見ておこうと羽幌港へ。スナック街をぬけて羽幌港まで歩いていくと、だんだん雨が小降りになり、しばらくしたらすっかり晴れてしまった。雨上がりのせいかじめじめした予想外の暑さ。羽幌港を一周してから汐見のほうへ向かった。

汐見は背の高い雑草が多く、廃屋の屋根あたりしか見えない。神社の跡なのか鳥居の上のほだけ見えていた。参道?だったところも雑草に覆われて鳥居に近づくことができなかった。ここまで荒れている神社の跡は見たことがない。その後、光洋小学校の跡地へ。光洋小学校の跡地には記念碑が建っていたが、ここも雑草だらけで人が通った跡がなかった。バスが小平町を通った時、鬼鹿中学校が閉校になるという掲示がバスの中から見えた。光洋小学校の跡地からバスターミナルへ歩いて戻り、札幌行きのバスに乗ったら、また雨が降り始めた。この日は何か奇妙な天候だった。

_K0_2991_K0_3073_K0_3095

最近の記事

  1. 幌加内町母子里

  2. カタールW杯アジア最終予選B組第4戦

  3. 個撮 – 三笠市幾春別町

  4. 完全版 チェルノブイリの祈り

  5. 東電原発事故 10年で明らかになったこと

TOP