2019 J1 最終節

日誌

札幌 1 – 2 川崎

川崎は前節のマリノス戦と同じスターティングメンバー。ブラジル人選手がまた先発にいない。川崎が立ち上がりめずらしく速いパス回しから先制点。多分開始1分もたっていなかったと思う。速い攻撃は続かずいつものペースに。その後、脇坂がFKを直接決めて2点目。

今日は大量得点かと思ったが、チャンスを作るもことごとくシュートを外して2得点のみ。シュートの決定率がちょっと低すぎた。レアンドロ・ダミアンがアディショナルタイムに交代で入るもチャンスがなく試合終了。新人の旗手が途中出場したものの印象には残らなかった。危ない場面が多かったが、相手のミスに助けられた感じ。

リーグ戦は横浜FMの優勝で終了。川崎はACLで惨敗、リーグ戦のほうも優勝争いに絡めなかった。外国人選手の登録が無制限で、5人まで出場できるようになった。この変更を上手く利用したのが横浜FMだったと思う。川崎は途中で補強することもなく、外国人選手も使わすに終わってしまった。川崎は来季も今のスタイルで、外国人選手抜きで戦うのだろうか。

初代谷口の谷口博之選手が今季かぎりで引退。マリノスユースのキャプテンだった谷口が川崎に入団することになって当時ちょっと話題になった。岡田監督がトップにあげなかったようだ。谷口と中村憲剛のダブルボランチは超攻撃的で、楽しいサッカーだったなあ。

最近の記事

  1. 幌加内町母子里

  2. カタールW杯アジア最終予選B組第4戦

  3. 個撮 – 三笠市幾春別町

  4. 完全版 チェルノブイリの祈り

  5. 東電原発事故 10年で明らかになったこと

TOP