カタールW杯アジア最終予選B組第4戦

日誌

日本 2 – 1 オーストラリア

森保日本代表監督の解任マッチというかギロチンマッチというか、それこそ絶対に負けられない試合となってしまったオーストラリア代表戦。これまでの最終予選3試合は相手が強いというより、日本代表の出来が悪すぎたように感じた。

頑固一徹の森保監督のことだから、柴崎を守田に代えるくらいだろうなあとスターティングメンバーを見たら、中盤が守田、田中碧、遠藤の並び。代表の試合で4-3-3のフォーメーションを森保監督は使ったことはなかったと思う。遠藤と田中碧は五輪で組んでいて、守田と田中碧はフロンターレでチームメイトだったのでコンビネーションは大丈夫ということなのだろう。DFはいつものメンバーで、FWの真ん中は大迫とやはり選手起用は頑固。

3ボランチは機能して、前3試合よりはボールが回ってチャンスが多かった。相変わらず決定力不足で、ちゃんと決めていればもう少し楽に勝てた試合だった。史上最強といわれるオーストラリア代表もメチャクチャ強いという感じはしなかかったが、あのFKだけはびっくりした。運も実力のうち?で、オウンゴールで勝ち越した日本が勝利。森保監督の解任はとりあえずなくなった。来月はアウェイの2連戦。「絶対に負けられない試合」が続く。

最近の記事

  1. 幌加内町母子里

  2. カタールW杯アジア最終予選B組第4戦

  3. 個撮 – 三笠市幾春別町

  4. 完全版 チェルノブイリの祈り

  5. 東電原発事故 10年で明らかになったこと

TOP