2021 J1 第33節

日誌

川崎 1 – 0 清水

川崎は3週間ぶりの試合ということもあってか、前半調子が上がらずチャンスもあまりなかった。早い攻撃がなく、相手ボールを奪ってもスピードダウンしてパスを回していた。ワンタッチの早いパス回しということでもないので、引いて守る清水を崩せなかった。これだけ遅い攻撃で得点出来るのかと思っているうちに前半終了。休養十分のはずなのにミスが多かった。

後半早々脇坂からのパスをレアンドロダミアンがフリーのマルシーニョへ流し、マルシーニョからの折り返しをレアンドロダミアンがヒールで押し込んで先制点。マルシーニョがシュートを打つかと思ったらパスだった。結局得点はこれだけで、後半もボールを支配するけどシュートまでいかない場面が多かった。昨季のように相手を圧倒して勝つということが少なくなった。後半シュート1本の清水は決めてを欠いて無得点。

今節横浜FMが負けたので勝ち点差が12になりリーグ優勝は早ければ次節で決まる。優勝争いより、残留争いのほうが混戦で予想がつかない。当事者の方々には申し訳ないけど、残留を争っている試合のほうが観ていて面白い。

最近の記事

  1. 2021 J1 第36節

  2. 2021 J1 第34節

  3. 物語昭和写真史

  4. 第101回 天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝

  5. 2021 J1 第33節

TOP